STD予防法|感染しない、感染させないために… SaferSex(より安全なセックス)を。

コンドーム使用方法

コンドームは、避妊とSTD(性感染症)予防を目的とした医療用具です。
コンドームは粘膜に精液や腟分泌液が接触することを防ぐだけでなく、
セックスの時に性器の粘膜に小さな傷ができることを防ぐことで性感染を予防
します。
コンドームなしでのセックスでは、性感染症の感染の危険度が非常に増加します。
性感染症の予防には、コンドームに対する正しい知識を身につけ、正しい使用方法を実践することにより、
自分自身だけでなくパートナーへの感染も防ぐことが大切です。

コンドームの購入ページへ

男性用コンドームの正しい装着法

注意! 射精の前後にも精液は出ている
コンドームは、ペニスがパートナーの性器に接触する前に、勃起状態で装着して下さい。
相手の性器への接触前から装着していないと、避妊や性感染予防の効果が得られません。
何故ならば、精子は射精時だけでなく、射精前後にも微量ですがペニスから流れ出ているからです。
手順1:コンドームを傷つけないように袋から出す
包装の袋を開けるときは、コンドームを片方の端に寄せ、反対側の端を指で破ります。
その際に袋を開けた切れ端の部分は完全に袋から切り離して下さい。中途半端に残すとコンドームを出すときに傷めることがあります。
手順2:コンドームには裏表がある
コンドームには表裏があります。表裏を確認してから表面を上にして亀頭の上に置きます。
その際に、コンドーム先端の精液だまり部分を軽くおさえて空気を抜いて下さい。(図1)
空気が入ったまま装着すると、使用中に破れる危険性があります。
コンドームを扱う際は清潔な手で行い、爪などで傷つけないように注意して下さい。
暗い部屋では表裏を間違えることがあるので、
コンドームの端を触っただけで表裏がわかるように練習しておくと安心です。
手順3:しっかり皮を下げること
勃起したペニスの皮を下方向に根元まで引っ張り下げます。余った皮は根元に集まります。(図1)
手順4:コンドームを途中までゆっくりおろす
毛を巻き込まないように注意して、コンドームをゆっくり両手の指でペニスの途中までおろします。
根元に余っている皮にはコンドームをかぶせないで下さい。(図2)
手順5:皮部分を調整しながら下までおろす
コンドームをかぶせた部分を亀頭方向に引っ張り上げ(図3)、
根元で余っていた皮を伸ばすようにしてから
コンドームの残りの部分を根元までおろします(図4)。
こうすることでセックスの時に皮とコンドームが一緒に動くので、
コンドームがはずれにくくなります。
手順6:終わってからも注意
射精したら、すみやかにコンドームの根元を押さえながら、精液が漏れないように腟や肛門からペニスをゆっくり抜いて下さい。
手順7:ゴミ箱へ
使用したコンドームは水洗トイレに流さず、生ゴミとして処理して下さい。

破損、着脱時の注意

コンドームはゴム製品であり、破れたりはずれたりすることが起こります。
その際には、お互いの体に付いたパートナーの体液を速やかに洗い流すことが必要です。

※ペニスを挿入していた男性はペニスを洗うと共に、排尿します。
※ペニスを腟内に挿入されていた女性は速やかに立ち上がり体液を排出し、ビデで腟内を洗浄します。
※口腔内に射精を受けた場合は速やかに精液を出しうがいをします。
※直腸内に射精を受けた場合は速やかに浣腸、もしくは排便します。

コンドーム使用上の注意

品質のしっかりしたものを使用する
JIS(ジスマーク)のついた品質の保証されたものを使用し、使用期限を守って下さい。使用期限は通常は製造から5年です。
外箱に品質保証期限が記載されています。古くなったコンドームは破れやすくなります。
アレルギーの出る場合がある
材料の天然ラテックスゴムやゼリーが原因でペニス、腟、肛門などにかぶれやかゆみなどが出ることがあります。
その場合は、ポリウレタン製のコンドームに変更したり、他の種類のゼリーを使用したものに変えてみて下さい。
品質の劣化に注意する
坐薬や軟膏などの医薬品、ベビーオイル、ハンドクリームなどがコンドームに付着すると劣化して破れる恐れがあります。
潤いが必要な場合は、潤滑剤を使用して下さい。潤滑剤は薬局や薬店などで購入可能です。
繰り返しの使用は不可
コンドームはセックス1回につき1個限りの使用です。その都度新しいものを使用して下さい。
保存に気をつける
保存は日の当たらない、涼しい、湿気のない場所に保管して下さい。防虫剤が近くにあると品質の劣化につながります。
コンドーム(1個包装分)を財布の中に携帯すると、包装が破れたり穴があくおそれがあるので、
ハードケースやバッグ等に入れて携帯するようにして下さい。
コンドームの購入ページへ

ページトップ