亀頭包皮炎の解説 症状や原因・治療について

01亀頭包皮炎って、どんな病気?

亀頭が赤くただれる
セックス、フェラチオやオナニーなどで、亀頭や包皮に小さな傷ができ、そこから雑菌などが感染しておこる炎症です。おもに包茎の人に多い病気です。
性感染により症状が出ることもある
女性から淋菌カンジダが感染することによって、症状が出ることもあります。

02亀頭包皮炎の原因は?

原因はさまざま

  • 亀頭包皮炎の原因は色々で、連鎖状球菌やブドウ状球菌、腸内細菌類、大腸菌、真菌などが原因になることもあります。性行為をきっかけにこれらの菌に感染し発症することもあります。普段から患部を清潔に保つことが大切です。
亀頭包皮炎の原因(さまざまな菌が過剰に繁殖)
亀頭包皮炎の原因(さまざまな菌が過剰に繁殖)

03亀頭包皮炎の症状って?

男性のペニス(亀頭や包皮など)に症状が見られます。

男性器の症状

主な症状

  • 赤くなる
  • ただれ
  • 軽い痛み
  • かゆみ など

※原因となる菌によって症状が変わります。

雑菌や淋菌の場合

カンジダ菌の場合

亀頭包皮炎の発症箇所(男性)

04亀頭包皮炎を解決する

01病院へ行く

STD研究所からのお知らせ

明らかな自覚症状がある場合は、
医療機関で早期治療することをおすすめします。清潔にすることで自然に治ることもあります。

受診科

男性 皮膚科、泌尿器科、性病科

治療費用は?

診察料 3,000円〜5,000円
薬代 別途かかります

上記は、保険適応でない場合のおおよその金額です。保険適用の場合は、上記金額の3割負担となります。保険適用されるか否かについては、病院の治療方針などによって、様々です。

05亀頭包皮炎の検査・診断・治療の流れ

治療について

薬

軟膏やクリームを患部に塗ります。原因が淋菌などであれば抗菌薬(抗生物質)、カンジダ菌は抗真菌薬を使います。患部を清潔にすることが必要ですが、石けんをつけて強く洗いすぎると症状を悪化させる場合があります。

06亀頭包皮炎の予防について

予防について

コンドーム

カンジダ淋菌などの感染予防にコンドームは有効です。