非クラミジア性非淋菌性
尿道炎の解説 症状や感染経路・検査や治療について

01非クラミジア性非淋菌性尿道炎って、どんな病気?

様々な原因による尿道炎
クラミジア淋菌以外の病原菌が原因の尿道炎のことを言います。
症状は比較的軽い
症状は、性器クラミジア感染症と似ており、軽い場合が多くあります。
病原菌が分かれば効果的に治療できる
マイコプラズマ、ウレアプラズマ、アデノウイルスなどが原因になっていることが多く、病原菌を特定することで効果的に治療できます。

02どうしてうつるの?
(非クラミジア性非淋菌性尿道炎の感染経路)

非クラミジア性非淋菌性尿道炎は

  • セックスやオーラルセックスによる感染が考えられています。
  • クラミジア淋菌と同時に感染することもあります。
非クラミジア性非淋菌性尿道炎の感染経路図
非クラミジア性非淋菌性尿道炎の感染経路図

原因菌は色々

  • 非クラミジア性非淋菌性尿道炎の原因菌としてさまざまなものが考えられています。
    例えば、マイコプラズマ・ジェニタリウム、腟トリコモナス原虫、ウレアプラズマ・ウレアリチカム、インフルエンザ菌、アデノウイルス、ヘルペスウイルスなどです。
    中でも、マイコプラズマ・ジェニタリウム、ウレアプラズマ・ウレアリチカムは非クラミジア性非淋菌性尿道炎に関連することが明らかとなっています。

オーラルセックスでの感染は…

  • オーラルセックスが原因で非クラミジア性非淋菌性尿道炎になることも考えられます。
    例えば、健康な人の鼻やのどの粘膜に存在するアデノウイルスや髄膜炎菌が尿道炎の方から検出されることもあり、原因の一つになっていると言われています。

03非クラミジア性非淋菌性尿道炎の症状って?

クラミジアに似た症状です。

男性器の症状

原因菌が尿道尿道(にょうどう)尿を膀胱から体外に排出するための管。女性の尿道は、男性に比べて太く短い。男性の場合、陰茎を通り精管と合流するため、生殖器でもある。へ感染し、尿道炎尿道炎(にょうどうえん)尿道内にクラミジアや淋菌、その他の細菌などが侵入することにより発症する。尿道に炎症がおこり、赤くなったり、痛んだり、膿が出たりする。を起こします。
(主にマイコプラズマ・ジェニタリウムやウレアプラズマ・ウレアリチカムが原因菌であることが多い)

主な症状

  • 尿道からの分泌物(うみ)
  • 軽い排尿痛
  • 尿道のかゆみや不快感

尿道からのうみは、白っぽい色〜やや黄色気味で、サラサラしたものから粘り気のあるものまであります。量は少なめの場合が多いです。
クラミジアと同じく症状が軽く、自覚症状が無い場合も多いです。

※アデノウイルスの場合は、淋病より激しい排尿痛があるとの報告もあります。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の発症箇所(男性)

04非クラミジア性非淋菌性尿道炎を解決する

01病院へ行く

STD研究所からのお知らせ

明らかな自覚症状がある場合は、
医療機関で早期診断を行うことをおすすめします。

受診科

男性 泌尿器科、性病科

治療費用は?

診察料 3,000円〜5,000円
検査代 3,000円
薬代 3,000円〜

上記は、保険適応でない場合のおおよその金額です。保険適用の場合は、上記金額の3割負担となります。保険適用されるか否かについては、病院の治療方針などによって、様々です。

パートナーの診察については、ご自分の主治医にご相談ください。

02検査キットを利用する

STD研究所からのお知らせ

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の原因は様々ですが、中でも近年注目されているマイコプラズマ・ウレアプラズマの検査が検査キットで受けられます。原因菌を特定できれば、より効果的な治療が望めます。

性病検査STDチェッカー
STDチェッカーとは
HIV/エイズ・クラミジア・梅毒など、
STD(性感染症・性病)の
郵送検査サービスです。
  • 01匿名検査で
    安心
  • 02丁寧な
    フォロー
  • 03信頼性
「検査」がとても身近に!
プライバシー重視の匿名検査
・自宅でとって
・郵送します
・結果はWEBで!
丁寧なコミュニケーションで
お悩み解決のお手伝い!
・専門員のコールセンター対応
・あなた専用画面で質問やりとり
・医療機関受診の連携調整サービス
郵送検査認定事業者
高水準の検査サービス
・大学や研究機関との共同研究
・医療機器承認の採取キット
・業界のリーディングカンパニーです

郵送検査認定事業者(性感染症分野)
No.JFSHM-2014-001
株式会社アルバコーポレーション

マイコプラズマ・ウレアプラズマ
検査のできる検査キット一覧

05非クラミジア性非淋菌性尿道炎の検査・診断・治療の流れ

検査について

検査器具

尿道炎の症状がある場合に、初尿や分泌物を採取し検査します。

検査のタイミング

尿道炎の症状があり、淋菌クラミジアも検出されない場合や、治療を行なってもなかなか治らない場合などに、検査を実施することがあります。

治療について

薬

1〜7日間、薬を服用します。

治療の流れ

感染していると診断された
1〜7日間、薬を服用

  • マクロライド系(ジスロマック)
  • ニューキノロン系(グレースビット)
再検査でOKが出た
おおよそ2週間後、症状がおさまり、
原因菌が陰性になっているかを確認して治療終了。

マイコプラズマやウレアプラズマなど原因菌の特定が難しい場合は、
自覚症状の改善や、尿道分泌物や尿中の白血球の消失を確認して治ったこととします。

06非クラミジア性非淋菌性尿道炎の予防について

予防について

コンドーム

感染予防にはコンドームの使用が有効と考えられています。

予防できなかったときは…

性病検査STDチェッカー

早く見つけて、早く治す。
検査が大切!

マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査を含む
検査キット

男性におすすめ!

性病検査STDチェッカー タイプC(男性用)
タイプC(男性用)
男性が気になる、尿道炎の検査。
少し詳しく調べたい方におすすめ。

キットの詳細をみる