血精液症の解説 症状や原因・治療について

01血精液症って、どんな病気?

精液に少しの血が混じります
精液に血液が混入する症状の総称です。
原因の多くは前立腺炎だと考えられています
前立腺炎が原因の場合は、治療が必要です。40歳以上では、前立腺がんが血精液症の原因である可能性も考えられます。

02血精液症の原因は?

血精液症は

  • 男性の生殖器(尿道、精巣、精巣上体、前立腺)の、炎症や外傷などが原因で起こります。原因の多くは前立腺炎であると考えられています。前立腺の中の血管がもろくなり、射精時の衝撃などがきっかけで出血すると考えられます。

03血精液症の症状って?

男性の精液に血液が混ざって出てきます。

男性器の症状

主な症状

  • 色がピンク色や真っ赤になる
  • 赤黒い小さな点々が混じるなど

出血量は微量なので、精子に悪影響はありません。

血精液症の発症箇所(男性)

このような症状も考えられます(原因が前立腺炎の場合)

多くは細菌が前立腺の組織内に侵入することにより症状が出ます。
前立腺前立腺(ぜんりつせん)膀胱の真下で尿道を取り囲むようにあり、精嚢が隣接している栗の実状の器官。精液の一部となる、アルカリ性の乳白色の前立腺液を分泌する。の中の血管がもろくなり、射精時の衝撃などがきっかけで出血すると考えられます。

原因が特定できない場合も多い

検査を行っても、尿や前立腺分泌液に異常がない場合も多くあります。
この場合は特に治療の必要はなく、2〜3週間で自然に治ります。

04血精液症の検査・診断・治療の流れ

治療について

薬

受診科は泌尿器科です。病院での検査は、触診(直腸診)、尿や精液(前立腺液)を採取して顕微鏡観察、血液検査、超音波診断などを行います。前立腺炎の治療は、主に原因の菌に対する抗菌薬(抗生物質)が使用され、治療期間は約4〜12週間となります。