高リスク型HPV検査の解説 こんな時におすすめ・Q&Aや検査法

高リスク型HPVは、ここが怖い!高リスク型HPVは、ここが怖い!

  • 感染が長く続くと子宮頸がんの原因になることがあります。
  • 女性の8割が一度はかかるありふれたウイルスだから、定期的な検査が大切。

高リスク型HPV検査は
こんなときにおすすめ

定期的な検査がおすすめです

HPVは、とてもありふれたウイルスです。感染自体は問題になりませんが、感染が長く続いて細胞の形が変化すると、治療の対象となります。高リスク型HPVが陰性(-)でも、定期的に検査を受け、陽性(+)の場合は、婦人科で確認するのがおすすめです。

性病検査STDチェッカー

ココが違う!
STDチェッカーの高リスク型HPV検査キット

性病検査STDチェッカーの内容物一覧

感度の高いPCR法

病原菌のDNAを増幅して調べる感度の高い検査法です。

自社の検査研究所

調べる対象

・16型・18型を含む高リスク型HPVの存在を調べます。

検査の時期

・感染の機会からすぐに検査できます。

検査物

・腟分泌液

検査結果のとらえ方

・陰性(-):
高リスク型HPVは検出されませんでした。
・陽性(+):
高リスク型HPVが検出されました。婦人科にて、細胞の変化を調べる検査を受けてください。

採取はカンタン

腟分泌液をぬぐってとるだけ。イラスト入りの説明書で採取方法を分かりやすくご案内。

分かりやすいイラスト入り説明書

「日本性感染症学会認定士」や「性の健康カウンセラー」がサポート

結果をみて、疑問が残る場合は、結果画面から匿名で相談することもできます。「日本性感染症学会認定士」や「性の健康カウンセラー」があなたの質問にお答えします。

「日本性感染症学会認定士」や「性の健康カウンセラー」がサポート

高リスク型HPV検査 よくある質問高リスク型HPV検査 よくある質問

高リスク型HPVが陽性(+)でした。治療は必要ですか?
高リスク型HPV感染そのものは病気ではなく、治療の必要はありません。90%以上の方は、免疫力などによって、ウイルスは自然になくなります。そのため「HPV感染」に対する治療はありません。ただし、感染が長期間続き、細胞の形に変化が現れた場合は治療を行います。STDチェッカーで高リスク型HPVが陽性(+)となった場合は、ひとまず、婦人科における子宮頸がん検査(細胞の変化が無いかを調べる検査)を受けて、確認することをおすすめしています。
検査で陰性(-)でした。もう検査を受けなくてもいいですか。
いいえ。HPVはとてもありふれたウイルスであり、再感染することもありますので、定期的な検査が必要です。
HPVワクチンを接種していれば、検査は受けなくてもいいですか?
HPVには100種類以上の型があります。そのうち、13種類ほどが子宮頸がんの原因とされる高リスク型HPVに分類されます。現在、日本で接種できるHPVワクチンは下記の2種類です。
サーバリックス(2価ワクチン):16型・18型の感染を予防する
ガーダシル(4価ワクチン):16型・18型・6型・11型の感染を予防する

※16型18型:子宮頸がんの原因の約7割を占める
 6型11型:尖圭コンジローマの原因

16型18型は子宮頸がんを発症した患者の約7割から検出されるため特に注意が必要ですが、子宮頸がんの原因のすべてではありません。
ワクチンが効いて16型18型の感染が無くても、その他の高リスク型HPVに感染する可能性は考えられます。よって、ワクチンを接種していても、定期的な検査が大切です。
STDチェッカーのHPV検査は、どの型を対象にしていますか?
STDチェッカーにおけるHPV検査は、16、18型とその他ハイリスクグループを調べる検査です。その他ハイリスクグループには<31、33、35、39、45、51、52、56、58、59、66、68型>が含まれます。
男性のパートナーの検査はできますか?
恐れ入りますが、男性用のHPV検査は実施しておりません。また一般的に医療機関等でも行われていません。HPVはとてもありふれた存在のウイルスですので、女性が感染していた場合でも、性行為を避ける必要はありません。男性のHPV感染は、陰茎がんの原因の一つとされますが、陰茎がん自体が非常に稀な病気です。

高リスク型HPV 検査の意味

そもそもHPVって何?

  • HPV(ヒトパピローマウイルス)は、性行為により感染するウイルスですが、とてもありふれた存在です。性行為の経験のある女性の約8割が一生に一度は感染すると言われています。
  • HPVには100種類以上の型が報告されています。そのうち高リスク型HPV(16型・18型など)が子宮頸がんの原因と言われています。
  • 感染してもほとんどは免疫力などによって自然になくなります。
  • 長期間感染した状態が続くと、ごく一部の人で、感染した部分の細胞が変化し、がんになります。
高リスク型HPVの感染期間

<子宮頸がん検診とは>
子宮頸がん検診は、HPV検査と細胞診の2つを組合せて行います。

HPV検査

  • 子宮頸がんの原因である「高リスク型HPV」に感染しているかどうかを調べる検査です。HPVそのものの存在を調べます。

※STDチェッカーの高リスク型HPV検査は、この検査に該当します。

細胞診

  • 子宮頸部から採取した細胞を顕微鏡で調べて、細胞の形に変化がないかを確認する検査です。

郵送検査で細胞診はできないの?
細胞診は、「子宮頸部」から細胞を採取する必要があります。「子宮頸部」は腟の奥まった部分にあるため、自己採取で検査に必要な細胞を正しくとるのは難しいものです。また、安全面でのリスクも考えられるため、STDチェッカーでは細胞診をご提供していません。
ちなみに、HPVの検出率は、医師による採取と自己採取の間に差はなく、早期発見の補助として有用な検査です。