医療機関への
連携や紹介実績皆さまを医療へつなぐ取り組みについて

受診が必要なお客様を、医療へつなぎます受診が必要なお客様を、
医療へつなぎます

検査結果は、わかりやすく
お伝えいたします

検査結果は、わかりやすくお伝えいたします

STDチェッカーは、STD(性病・性感染症)やHIV/エイズ検査に特化した郵送検査サービスです。
お客様ご自身で、検査結果の内容をご理解いただいたり、今後の予防や受診を確実に行っていただくため、ただ単に「陽性/陰性」等の判定結果のみをお伝えするのではなく、わかりやすい表現や説明を心がけています。

お客様専用画面
(検査結果画面の一部抜粋)

  • 検査結果画面サンプル1
  • 検査結果画面サンプル2
  • 検査結果画面サンプル3
  • 検査結果画面サンプル4
  • 検査結果画面サンプル5
  • 検査結果画面サンプル6

また、STDチェッカーは、匿名で検査を受けることができる、プライバシー重視の仕組みが特徴です。
メールやお電話等ではご本人確認が不十分となるため、お客様専用画面にて結果ご通知いたします。

お客様を個別に医療機関へ
連携、とても安心です

お客様を個別に医療機関へ連携、とても安心です

STD(性病・性感染症)やHIV/エイズ検査を受けたお客様の中には、検査結果への戸惑いや医療機関受診への心理的なハードルを感じる方がいらっしゃるかもしれません。
STDチェッカーの検査結果が陽性で、ご希望の方には、「お客様の状況に応じて、個別に医療機関へ連携するサービス」を実施しています。

お客様を医療機関へ
連携する流れ

検査結果が「陽性」となったお客様より
<検査結果が「陽性」となったお客様より>

お客様専用画面(検査結果画面)の中で、医療機関受診に関するご希望をお伝えください。メールアドレスは不要、LINEのように気軽にやり取りしていただけます。受診に関する質問もお気軽にお寄せください。

  • 「〇〇線の沿線だったら受診しやすいです」
  • 「〇〇が不安ですが、どのように話せばよいですか?」 など
弊社専門員が連携調整いたします
<弊社専門員が連携調整いたします>

弊社の専門員(日本性感染症学会認定士・性の健康カウンセラー)が、お客様の状況に応じた医療機関を選定し、連携調整いたします。
特に、HIV/エイズ検査に関する受診の場合は、比較的大きな病院になるケースが多いため、診療科の担当者へ直接連絡を行い、受付のしかた・診療時間・その他診察に係る情報など、できる限り具体的に確認します。

お客様へ医療機関情報をご返信
<お客様へ医療機関情報をご返信>

弊社からお客様あてに、お客様専用画面(検査結果画面)にて、連携した医療機関の各種情報や、ご質問に対する回答もあわせてお伝えいたします。
お客様は、医療機関について具体的にイメージしていただきながら、安心して受診することができます。

医療機関を受診してください
<医療機関を受診してください>

お客様は、お客様専用画面(検査結果画面)から、「検査結果表」と「医療機関への案内状」を印刷していただき、医療機関へご持参ください。(印刷できない方は、結果画面をお見せいただくか、郵送にも対応いたします。)
これらをお持ちいただきますと、STDチェッカーの検査の内容を先生にお伝えしやすくなり、スムーズに治療を行っていただけます。

性感染症を診る医療機関を
検索できます

性感染症を診る医療機関を検索できます

STDチェッカーの郵送検査サービスでは、性感染症を診る診療科を対象とした、全国43,000件の医療機関をご案内できます。婦人科・泌尿器科・皮膚科・性病科・耳鼻咽喉科など、お近くの医療機関を探していただけます。
なお、検査結果が陽性でご希望の方には、単なるご案内だけでなく、上記の「お客様個別に医療機関へ連携するサービス」をご利用いただけます。

医療機関検索メニュー
(お客様専用画面)

  • 医療機関検索画面サンプル1
  • 医療機関検索画面サンプル2
  • 医療機関検索画面サンプル3

エイズ治療拠点病院・保健所等
にも連携いたします

エイズ治療拠点病院・保健所等にも連携いたします

STDチェッカーのHIV郵送検査における陽性の方へ、チーム医療を軸とする「エイズ治療拠点病院」や、患者主体の通院しやすい体制を整えた「エイズ治療の専門クリニック」等へ、連携・紹介しています。

HIV感染症/エイズの治療体制 HIV感染症/エイズの治療体制

全国のエイズ治療拠点病院

日本全国で、HIV感染症/エイズの専門治療を受けられるよう、ピラミッド状の拠点病院体制が整えられています。

各自治体の保健所など 相談窓口一覧

日本全国の保健所では、HIV感染症/エイズに関する無料・匿名での相談ができます。

医療機関連携・紹介実績

HIV郵送検査の医療へ
つなぐ取り組み

HIV郵送検査の医療へつなぐ取り組み

HIV感染症/エイズの治療は、とても進歩しています。
検査で早期発見し、早期治療すれば、HIVに感染していてもこれまでどおりの生活ができるようになってきています。
弊社は長年、HIV郵送検査をご提供する事業者の使命として、お客様それぞれの状況に寄り添いながら、医療へつなぐ取り組みを行っています。以下は、STDチェッカーのHIV郵送検査を受けて陽性の方に対する、医療機関連携・紹介実績です。

STDチェッカー(HIV郵送検査)
医療機関連携・紹介実績

性感染症・HIV/エイズを防ぐ
取り組みの中で

郵送検査の社会的役割として

郵送検査の社会的役割として

日本では、性感染症やHIV感染症/エイズのまん延を防ぐため、さまざまな機関が取り組みを行っています。
医療機関や保健所等を利用しづらい方に向けて、郵送検査はこれらの隙間を埋める社会的役割を担うサービスとして、「医療へつなぐ取り組み」をさらに深めてまいります。

郵送検査認定事業者
(性感染症分野)

No. JFSHM-2014-001
株式会社 アルバコーポレーション
〒541-0046
大阪市中央区平野町1-8-7 小池ビル10F

会社概要