C型肝炎の解説 症状や感染経路・検査や治療について

01

C型肝炎って、どんな病気?

ウイルス感染が原因の肝炎
C型肝炎は、「C型肝炎ウイルス(HCV)」の感染が原因で起こる肝炎のことです。アルコールの飲み過ぎなどが原因の肝炎とは違います。肝炎になると、肝臓の細胞が壊れて働きが悪くなります。
性行為による感染率は低く、血液からの感染が大半です
性行為による感染の可能性はありますが、感染率は低いと考えられます。血液によって感染するので、出血しやすいアナルセックスは比較的リスクが高いと考えられます。
慢性化することが多い
症状が軽いものの、感染者の7割前後は慢性化し、肝硬変から肝臓がんに進む可能性が高いため要注意です。
02

どうしてうつるの?
(C型肝炎の感染経路)

C型肝炎ウイルスは

  • C型肝炎ウイルスは、感染した人の精液や腟分泌液、血液などに含まれていますが、感染力が弱いので、性行為により感染することはほとんどありません。
  • 性行為による感染はまれですが、アナルセックスや生理中の性行為など、出血と粘膜の損傷をともなう性行為は感染の危険性は高いと考えられます。
  • 感染者の大半は高齢者がおおく、過去の輸血や注射、血液製剤(HCVに汚染された)が原因で感染しました。
C型肝炎の感染経路図
C型肝炎の感染経路図

こんなリスクもあります

  • 感染率は低いとされますが、母子感染することがあります。妊婦の方は、妊婦検診を受けることにより、出産時の母子感染を防ぐことができます。

こんなことでは感染しません

  • 輸血による感染は、献血された血液を検査することにより、現在ではほぼ起きていません。(過去に、安全でない血液製剤によって、薬害としてC型肝炎ウイルスに感染した方々もおられます。)
03

C型肝炎の症状って?

男性、女性、ともに同じような症状が出ます。個人差があり、症状が出るまで約2週間〜3ヵ月かかります。

症状(男女共通)

主な症状

  • だるさ(倦怠感)、食欲不振、吐き気、濃い色の尿が出る、黄疸(体や白目が黄色っぽくなる)など。急性のC型肝炎で、上記の自覚症状の出る人は20〜30%と言われます。一般的に、A型肝炎B型肝炎に比べて症状は軽く、自覚症状の現れない人も多くいます。

30〜40%は自然に症状が治まる

治療を行い、慢性化や劇症化(肝臓の炎症が非常に強くなり、肝細胞のほとんどが死んでしまう)しなければ、治ります。ただし、C型肝炎の約70%が慢性化すると考えられています。

04

C型肝炎を解決する

01

病院へ行く

STD研究所からのお知らせ

明らかな自覚症状がある場合は、
医療機関で早期診断を行うことをおすすめします。

受診科

男性・女性 内科(消化器科)

治療費用は?

診察料 3,000円〜5,000円
検査代 3,500円
薬代 別途かかります。

上記は、保険適応でない場合のおおよその金額です。保険適用の場合は、上記金額の3割負担となります。保険適用されるか否かについては、病院の治療方針などによって、様々です。

C型肝炎ウイルス持続感染者(キャリア)のパートナーの方は、念のために検査を受けることをおすすめします。

02

検査キットを利用する

STD研究所からのお知らせ

リスクの高い性行為を行いご不安な方は、
他の検査項目と合わせて受けることをおすすめします。

病院へ行く時間がない人や、人と対面して受ける検査は抵抗がある…という人は、
自宅から検査物を送る、という方法で検査を受けることもできます。
検査は、保健所や医療機関などと同じく、登録衛生検査所で実施するものです。

05

C型肝炎の検査・診断・治療の流れ

検査について

検査器具

症状が無くても検査できます。

C型肝炎の主な検査方法

臨床診断と、血液検査でHCVの抗体を調べます。

検査のタイミング

感染の機会から2〜3ヵ月後から

治療について

薬

専門医による治療
その人それぞれの状態によって、治療方法や効果が違うので、専門医の判断により行われます。

治療の流れ

感染していると診断された
個々の状態に合わせて治療法を決定する
約70%の人が慢性化しますが、症状によっては抗ウイルス療法(インターフェロンなど)や肝庇護療法を行うこともあります。2014年より、飲み薬だけで副作用も少ないインターフェロンフリー治療が行われるようになりました。
肝機能の正常化
検査数値が低下しているか、確認をしばらく続けます。

治療を行い、慢性化や劇症化(肝臓の炎症が非常に強くなり、肝細胞のほとんどが死んでしまう)しなければ治ります。ただし、C型肝炎の特徴は慢性化することで、慢性化した場合には自然に治ることはほとんどなく、肝硬変から肝臓がんへの進行に注意が必要となります。

06

C型肝炎の予防について

予防について

コンドーム

性行為による感染はまれですが、アナルセックスや生理中の性行為など、 出血と粘膜の損傷をともなう性行為は感染の危険性は高いと考えられます。 性交時にコンドームを使用することは有効です。

予防できなかったときは…

性病検査STDチェッカー

早く見つけて、早く治す。
検査が大切!