高リスク型HPV(子宮頸がんの原因)の解説 症状や感染経路・検査や治療について

01

高リスク型HPV(子宮頸がんの原因)って、どんな病気?

子宮頸がんの原因とされるウイルス
高リスク型HPVは、子宮頸がん(子宮の入り口にできるがん)の原因とされるウイルスです。
とてもありふれたウイルス
高リスク型HPVは、性行為の経験がある女性の8割が、一生に一度は感染するとも言われています。また、感染しても、ほとんどは免疫力などによって、自然になくなります。
長期間感染が続くと、子宮頸がんになる場合が
まれに感染が長期間続くことがあり、感染していても症状はなく、気づかないでいると子宮頸がんになることがあります。妊娠や出産に影響したり、場合によっては命にかかわることも!
02

どうしてうつるの?
(高リスク型HPVの感染経路)

高リスク型HPV(子宮頸がんの原因)は

  • HPV(ヒトパピローマウイルス)はとてもありふれた存在のウイルスで100種類以上あります。そのうちの高リスク型HPV(16型・18型など)が子宮頸がんの原因と言われています。
  • セックスなどの性行為によって、皮膚や粘膜が接触することで感染します。
高リスク型HPV(子宮頸がんの原因)の感染経路図
高リスク型HPV(子宮頸がんの原因)の感染経路図
03

高リスク型HPV(子宮頸がんの原因)の症状って?

高リスク型HPVに感染しても、症状はほとんどありません。感染が長期間続き、子宮頸がんに進行していくと、症状がでる場合があります。

高リスク型HPV(子宮頸がん)の症状

感染しているだけなら…

  • ほとんど無症状

子宮頸がんに進行すると…

  • 性交時の出血
  • 不正出血
  • おりものに血が混じる
  • 下腹部の痛み
高リスク型HPV(子宮頸がんの原因)の発症箇所(女性)

放っておくとどうなるの?

  • 高リスク型HPVに感染しても、ほとんどの場合は免疫力などによって、自然になくなります。
  • ごく一部の人で、細胞に変化が起こり、子宮頸がんに進行していきます。
  • がんになるのは、感染した人の1%以下と言われています。
04

高リスク型HPV(子宮頸がんの原因)を解決する

01

病院へ行く

STD研究所からのお知らせ

定期的に高リスク型HPVと子宮頸がんの検診を受けることをおすすめします。

受診科

女性 婦人科(産婦人科)

治療費用は?

診察料 3,000円〜5,000円
検査代 3,000円

各自治体の助成制度が利用できる場合もあります。

上記は、保険適応でない場合のおおよその金額です。保険適用の場合は、上記金額の3割負担となります。保険適用されるか否かについては、病院の治療方針などによって、様々です。

02

検査キットを利用する

STD研究所からのお知らせ

高リスク型HPVの感染の有無を調べることができます。定期的に検査し、陽性の場合は病院へ行って、細胞の変化がないか調べる、というのもおすすめです。

性病検査STDチェッカー
STDチェッカーとは
HIV/エイズ・クラミジア・梅毒など、
STD(性感染症・性病)の
郵送検査サービスです。
  • 01匿名検査で
    安心
  • 02丁寧な
    フォロー
  • 03信頼性
「検査」がとても身近に!
プライバシー重視の匿名検査
・自宅でとって
・郵送します
・結果はWEBで!
丁寧なコミュニケーションで
お悩み解決のお手伝い!
・専門員のコールセンター対応
・あなた専用画面で質問やりとり
・医療機関受診の連携調整サービス
郵送検査認定事業者
高水準の検査サービス
・大学や研究機関との共同研究
・医療機器承認の採取キット
・業界のリーディングカンパニーです

郵送検査認定事業者(性感染症分野)
No.JFSHM-2014-001
株式会社アルバコーポレーション

高リスク型HPV検査のできる
検査キット一覧

05

高リスク型HPV(子宮頸がん)の検査・診断・治療の流れ

検査について

検査器具

HPV検査と細胞診の2種類の検査を組み合わせることで、異変を発見しやすくなります。

主な検査方法

HPV検査 ウイルスに感染しているか調べる
細胞診 子宮頸部の細胞をとって、形が変わっていないか調べる

検査のタイミング

定期的に検査を受けることが大切です。陰性でも3年ごとの検査がおすすめです。

治療について

薬

高リスク型HPVに感染しているだけなら、治療の必要はありません。定期的に検診を受け、子宮頸部の細胞に変化(異型性)がないか調べる必要があります。異型性やがんが見つかった場合は、その状態に応じて外科的手術や放射線療法が行われます。

06

高リスク型HPV(子宮頸がんの原因)の予防について

予防について

コンドーム

感染予防にコンドームは有効です。

ワクチンについて

ワクチン

子宮頸がんの予防効果が期待されるワクチンがありますが、日本では、副反応の問題により、接種について積極的には勧められていません。

予防できなかったときは…

性病検査STDチェッカー

早く見つけて、早く治す。
検査が大切!

高リスク型HPV検査を含む
検査キット

女性におすすめ!

性病検査STDチェッカー タイプI(女性用)
タイプI(女性用)
子宮頸がんの原因となる、
HPV(悪性型)の検査です。

キットの詳細をみる