STDの知識STDとは性感染症(性病)のことです

01STD性病・性感染症とは

「STD(性病・性感染症)」とは、性行為により感染する病気のことです。症状を感じにくいものもあるため、感染して気づかないでいると、知らない間に体がむしばまれていきます。“STD”は、“Sexually Transmitted Diseases”の頭文字をとったものです。(STIと呼ばれることもあります)

性により
Sexually
性により
感染する
Transmitted
感染する
病気
Diseases
病気
※性行為という言葉の意味
性行為の多様化に対応して、当サイト(STD研究所)で使用する性行為(セックス)という表現には、腟性交(通常のセックス)だけでなく口腔性交(オーラルセックス:フェラチオ・クンニリングス・リミング)、肛門性交(アナルセックス)も含んでおります。

02誰にでも関係のある病気です

一昔前までは、「性病・性感染症」というと、一般の人には関係の無い、風俗街の病気、というようなイメージでとらえられていました。しかし今日では、ごく普通のカップルの間でも広がっています。性行為は、私たちが生きていくための大切な行為です。だからこそ性感染症は、私たちの誰にでも関係のある病気なのです。

「特定のパートナーとだけ」だからと、
安心はできません

たった一人の相手でも、過去のパートナー、さらにそのパートナーが感染していないかまでは分かりません。
その中の誰か一人でも感染している人がいれば、感染の可能性はあります。性感染症は、誰にでも関係のある病気なのです。

感染は「特定のパートナーとだけ」だからと、安心はできません

若者に限らず、中高年の間でも
STDの感染が広がっています

最近は性経験の低年齢化に伴い、高校生の間でもSTD感染が広がりつつあります。
また、近年の高齢化社会においては、年齢を重ねてもセックスを前向きに楽しめるようになっており、中高年でも感染率が高くなっています。

若者に限らず、中高年の間でもSTDの感染が広がっています

03STDは感染症の一種です

感染症は、細菌、ウイルスなどの病原体が体内に侵入し、増えることで引き起こされる病気のことです。感染症には、下記のようなものがあります。

空気感染

空気感染

病原体を含むちりや埃を吸い込むことで、感染がおこる。

結核、はしかなど

飛沫感染

飛沫感染

病原体を含む飛沫を吸い込むことで、感染がおこる。

インフルエンザなど

接触感染

接触感染(汚染されたものに触れる)

病原体に汚染されたものに触れることで、口や粘膜から病原体が侵入し、感染がおこる。

O-157など

接触感染(性行為)

感染している人との性行為により、感染がおこる。

クラミジア/HIV/エイズなど

04STDの感染経路について

STD(性病・性感染症)の感染経路は、「性行為」です。性行為以外の日常生活では感染しません。

STDは性行為で感染します

性行為で感染します
  • セックス
  • アナルセックス
  • オーラルセックス

STD(性病・性感染症)は、感染している人との性行為により感染します。病原菌を含む精液、腟分泌液、血液などが、口や性器の粘膜、皮膚などに接触することで感染がおこります。

STDは日常生活では感染しません

日常生活では感染しません
  • 回し飲み
  • 握手
  • お風呂など

性行為以外の日常生活においては通常感染しません。また「感染する」ものであり、自然発生することはありません。

よくあるご質問

Q

  • 感染している人とお風呂に入ったらうつる?
  • 不潔にしていたら性感染症になる?
  • マスターベーションで性感染症になる?

A

いいえ。
STDの病原菌は単独で生きのびることができません。
そのため、性行為以外では通常感染することはありません。また、不潔にしているから、マスターベーションをしたからといって自然発生することもありません。

05STDには、様々な種類があります

ひとくちにSTD(性病・性感染症)といっても、症状がでる箇所や感染する部位にもいろいろあります。

06なぜ気をつけないといけないの?

症状が無くても進行します

STDの中には、症状が出にくいものもあります。しかし、症状が無い潜伏期間であっても病気は進行し、パートナーにうつしてしまう可能性があります。

不妊症の原因に

男女ともに、不妊症の原因になることがあります。また、妊婦さんの場合、流産や早産の原因になることがあるので、産婦人科できちんと治療することが大切です。

子どもに感染します

出産時に感染の可能性があります。子どもに感染すると、肺炎や失明の原因になったり、死にいたることもあります。妊娠したら、必ず妊婦健診を受けましょう。また、乳幼児は免疫力が弱いため、口うつしなどによって感染する可能性があるといわれています。

HIVに感染しやすい!?

STDにかかっていると、HIV(エイズウイルス)に感染する可能性が通常より3~5 倍高くなるといわれています。なぜなら、STDにかかっていると粘膜が炎症を起こした状態になり、抵抗力が落ちて細菌やウイルスが侵入しやすくなるからです。

07STDはどうすれば予防できるの?

コンドームをつけることを心がけましょう

コンドームをつけることを
心がけましょう

コンドームはバリアの役割を果たすため、感染している人の精液や腟分泌液が、口や性器の粘膜に接触することを防ぎます。
コンドームで予防できないSTDもありますが、一番現実的で確実な方法と考えられています。

オーラルセックスでもコンドームが必要!?

オーラルセックスでも
コンドームが必要!?

STDはオーラルセックスで、のどにも感染します。オーラルセックス自体はとても一般的になっていますが、予防の必要性はほとんど知られておらず、感染が広がっています。
オーラルセックス時にも、男性器にはコンドームを、女性器にはラップ等を使うなどして予防しましょう。

STDの予防法を詳しく見る

08もしかして、STDかも?
と思ったら

「これって、何の症状?もしかして性病かな…?」「不安な行為があった。症状は無いけど、性病に感染したかも… ?」あれこれ悩んでいるうちに、なんとなく「もういいや」なんて思っていませんか?
STDは自然に治らないので、放置せず、早い対応が大切です。病院へ行く? 性病検査キット?
ぜひ以下の解決法を参考にしてください。

症状なし?or症状あり?

STDの解決法を詳しく見る

素敵なセックスライフはもちろん大切。
そのためには、STDを知る、予防をする、
検査を受けることが大切です。
あなたと、愛する人の健康のために。