当サイトについて出典・参考文献など

性病かも… 誰に相談する?恥ずかしいし。
でも、あなたとパートナーの健康にとって、
とても大切な問題です。

性感染症のことを知って、解決し、予防する。
本当は、みんなに関係がある病気。
このサイトを通して「あなたと一緒に」考えます。

STD研究所は、
性感染症のあらゆる研究を行う専門機関です。
わかりやすい情報による予防啓発と
検査を受けやすい環境や仕組みづくりを行い、
皆さまの健康管理に貢献してまいります。

STOP THE STD

マークの由来Symbol

STD研究所のシンボル

ウェブサイトの向こうの「あなた」とつながり、
手と手を取り合う様相をシンボル化。
STD研究所の「S」の字形をベースにしています。
性感染症にまつわる悩みを抱えた人たちが、
STD研究所を介することで
安心・解決へと向かってほしい、という想いを込めたマークです。

記事掲載および雑誌掲載

日経産業新聞、日本工業新聞、サンケイスポーツ新聞、サンケイ新聞、ドラッグトピックス、ドラッグマガジン 他
Tarzan、月刊Say、Style、nuts、Boon、週刊女性、mina、anan 他多数

STD研究所サイト内の
表現について

性病?性感染症?

1999 年に施行された感染症法により「性病」という呼び名がなくなりました。
しかし、当サイトでは平易な表現を行う目的で、「性感染症」のことをあえて「性病」と表記する場合がありますのでご了承ください。

性行為という言葉の意味

性行為の多様化に対応するため、当サイトで使用する性行為(セックス)という表現には、腟性交(通常のセックス)だけでなく、口腔性交(オーラルセックス:フェラチオ・クンニリングス・リミング)、肛門性交(アナルセックス)も含んでおります。

著作権・商標について

STD 研究所に掲載されている情報、画像などのすべてのコンテンツを、権利者の許可なく、複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

STD 研究所に掲載される著作物(文書、資料、画像、デザイン等の一切の表現物を含みます)についての著作権は、特別の断りがない限り、株式会社アルバコーポレーションに帰属します。

「STD研究所」および「STDチェッカー」は、株式会社アルバコーポレーションが保有する、正式に登録された商標です。

出典・参考文献

  • 「性感染症診断・治療ガイドライン」 日本性感染症学会(2016年版)
  • 「性感染症 STD」 熊澤淨一、田中正利 編集 南山堂(2004年)
  • 「性感染症 検査・相談のためのQ&A」 財団法人性の健康医学財団(2006年)
  • 「レジデントノート 2006年11月号 日常診療で出会うHIV/AIDS」 羊土社
  • 「ENTONI 2004年11月号 耳鼻咽喉科領域のSTD」 全日本病院出版会
  • 保健所等におけるHIV即日検査のガイドライン 第3版」 HIV検査体制の構築に関する研究班(2012年)
  • 「総合研究報告書 平成18~20 年度」  HIV検査相談機会の拡大と質的充実に関する研究班(2009年)
  • 「HIV検査相談体制の充実と活用に関する研究」総括研究報告書  HIV検査相談機会の拡大と質的充実に関する研究班 (2010 年)
  • 抗HIV治療ガイドライン」 HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究班(2018年3月)
  • HIV感染症「治療の手引き」第21版」  日本エイズ学会 HIV感染症治療委員会(2017年11月発行)
  • 「拠点病院診療案内 2009-2010」  HIV感染症の医療体制の整備に関する研究班(2010年)
  • 「HIV母子感染予防対策マニュアル 第4版」 HIV感染妊婦の早期診断と治療および母子感染予防に関する臨床的・疫学的 研究班(2005年)
  • よくわかるエイズ関連用語集 Ver.8」  HIV感染症の医療体制の整備に関する研究班(2010年)
  • HIVエイズの基礎知識」  公益財団法人エイズ予防財団(2015年10月)
  • あなたに知ってほしいこと」  独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター HIV/AIDS先端医療開発センター(第12版 2013年5月改訂版)
  • 「日本におけるHIV流行の現状と文脈について」  HIV感染症の動向と影響及び政策のモニタリングに関する研究班
  • 「誰でも自分のためにセーファーセックス HAVE A NICE SEX ! 第2版」  Rainbow Ring(2009年)
  • 「制度のてびき」  HIV感染症の医療体制の整備に関する研究班(2009年)
  • たんぽぽ」 東京都福祉保健局健康安全部感染症対策課(2017年3月発行)
  • 「これからの生活ハンドブック」  独立行政法人国立病院機構 仙台医療センター
  • 国立研究開発法人 国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター
  • API-Net エイズ予防情報ネット
  • 国立病院機構 大阪医療センター HIV/AIDS先端医療開発センター
  • 国立感染症研究所 感染症疫学センター

ほか