淋菌感染症

  • どんな病気?
  • どうしてうつるの?
  • どんな症状がでるの?
  • 対処法について
  • 予防法について

どんな病気? ―淋菌感染症の概要―

男性に多いSTD(性病)です

性風俗でのオーラルセックス(フェラチオ)による感染が多いと言われています。

1回のセックスでの感染率は約30%と言われています

1回のセックスでの感染率が約30%と高く、
また、淋菌に感染した人のうち、クラミジアに同時感染している人が20%〜30%いると言われています。

男性の尿道感染はうみと激痛!女性は無症状の場合も多くあります

治療せずに放っておくと、女性では不妊症や子宮外妊娠の原因となります。

どうしてうつるの? ―淋菌感染症の感染について―

あらゆる性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)で感染します

  • ・「淋菌」が感染して起こる病気です。
  • ・感染者との粘膜同士の接触や、精液、腟分泌液を介して感染します。
  • ・性風俗でのオーラルセックス(フェラチオ)などで、咽頭(のど)から性器への感染が増えています。
  • ・妊婦の方は、妊婦検診を受けることにより、出産時の母子感染を防ぐことができます。

【関連記事】

[2015年9月の特集]変わる、淋病

変わる、淋病 (2015年9月の特集)

古くから知られる病気ですが、実は私たちのライフスタイルの変化や、
菌自体の変化によって、いたちごっこを続けているのをご存じですか?

[2016年1月の特集]薬で治らなくなる!?

薬で治らなくなる!? (2016年1月の特集)

クラミジアや淋菌のお薬が効かなくなるかも!?

[2016年9月の特集]のどにも感染!?

のどにも感染!? (2016年9月の特集)

STD(性病・性感染症)は、性器だけにうつるものと思っていませんか?
実はのどにもうつるんです。

どんな症状がでるの? ―淋菌感染症の症状―

男性の発症箇所

男性が主に感染するところは尿道です。
尿道炎精巣上体炎副睾丸炎)などの症状が出ます。

主な症状

  • ・尿道からの分泌物(うみ)
  • ・激しい痛みの排尿痛
  • ・尿道のかゆみや不快感
  • ・精巣上体の腫れ
  • ・発熱や激しい痛み

尿道から出るうみの量は多く、白っぽい色(やや黄色気味の場合もあります)で、 粘り気があります。
治療せずに放っておくと、前立腺炎血精液症血精液症参照)になることもあります。
また、精巣上体炎では陰のう部が激しく痛む場合があり、治療後に無精子症になることもあります。 (ただし実際には、症状が強く出る場合が多いので、精巣上体炎まで進むことはまれです。)

女性の発症箇所

女性の場合は、子宮頸管 (子宮入口の管)へ感染し、子宮頸管炎をおこします。
その後、腹腔内に進入し、骨盤内で様々な症状が出ます。
尿道炎を併発することも少なくありません。

主な症状

  • ・おりものの増加
  • ・不正出血
  • ・下腹部の痛み
  • ・性交時の痛み

ただし、女性の感染者の多くは症状が出ないと言われており、
感染したまま放っておくと卵管炎骨盤腹膜炎をおこし、 子宮外妊娠不妊症の原因にもなります。

口腔への感染

オーラルセックスなどにより咽頭(のど)の淋菌感染が
増加しています。
女性が男性に対してフェラチオした場合、
「(1) 男性の性器から女性の咽頭に感染する可能性」と
「(2) 女性の咽頭から男性の性器に感染する可能性」があります。

主な症状

  • ・のどの腫れ、痛み
  • ・発熱など

ただし、咽頭の淋菌感染の場合、症状が出ない場合が多いようです。
また、性器において淋菌に感染している男女の30%は咽頭から淋菌が検出されたとの報告もあります。性器感染に比べ、治療に時間がかかるといわれています。
性器への感染と咽頭の感染は、感染部位が違うため別のものとなります。よって、咽頭だけ感染することもあります。

どんな対処法があるの? ―淋菌感染症の対処法―

対処の方法について
病院へ行く

病院へ

明らかに症状が出ている場合は病院へ!

明らかに自覚症状がある場合は、医療機関で早期診断を行うことをおすすめします。

パートナーの感染率も高いので、2人同時の検査や治療が必要です。

自宅で検査をする

自宅でとって 郵送します 結果はWEBで

忙しくて病院に行く時間がない・・・という方、症状が出ていないから病院には行きたくなくて・・・という方には自宅で出来る検査キットがあります。

受診しにくい方には、このような検査の受け方もあります。
プライバシー重視の、匿名でできる検査です。

検査キットのページ
検査について
  • 男性 ・・・ 初尿(出はじめのおしっこ)を検査します。
  • 女性 ・・・ 子宮頸管からの分泌物を検査します。
  • 咽頭感染 ・・・ 咽頭周辺のぬぐい液やうがい液などで調べます。
症状がでるまでと検査のタイミング
性行為などにより感染した日

発症まで約2〜7日
症状が出ないことが多く、この間もパートナーに感染させる可能性があります。

症状が出る
検査できます

感染する可能性があった日から2〜3日たっていれば検査可能です。

病院を受診する場合

明らかに感染している自覚症状がある場合は、医療機関で早期診断を行うことをおすすめします。
パートナーの感染率も高いので、2人同時の検査や治療が必要です。

受診科
  • 男性
  • 泌尿器科、性病科
  • 女性
  • 婦人科(産婦人科)、性病科
  • 咽頭感染
  • 耳鼻咽喉科
淋菌感染症の治療に対応していない耳鼻咽喉科もあります
治療費用は?
  • 診察料
  • 3,000〜5,000円
  • 検査代
  • 4,000円
  • 薬代
  • 3,000円〜
上記は、保険適用でない場合のおよその金額です。保険適用の場合は上記金額の3割負担となります。保険適用されるか否かについては、病院の治療方針などによって、様々です。
治療について

1日〜7日間、筋肉注射や静脈注射などを症状に応じて実施します。
一回の注射で済む場合もあります。

治療の流れ
感染していると診断された
1日〜1週間薬を服用

1〜7日間、筋肉注射や静脈注射などを症状に応じて
実施します。
一回の注射で済む場合もあります。
・セフトリアキソン(ロセフィン)
・セフォジジム(ケニセフ、ノイセフ)
・スペクチノマイシン(トロビシン)など

再検査でOKが出た

抗生剤投与後、3日以上後
※薬を正しく服用しないと、不完全治癒の可能性があるので、この時点でも検査を受けることが望ましい。

「淋菌」は耐性菌が増えて治療薬が限られていますので、
医師の治療方針に従って完全に治し、再感染に気をつけましょう。

どんな予防法があるの? ―淋菌感染症の予防法―

コンドームは?

淋菌感染症の予防にはコンドームの使用が有効です。
オーラルセックスでの感染に注意して下さい。

コンドームのページ

パートナー検査の必要性は?

セックスパートナーも感染している場合がほとんどです。
2人同時の検査と治療が必要です。

検査キットのページ

検査はとても大切です ―自分の健康、そして愛するパートナーのため―

プライバシー重視、匿名でできる検査キット。STDチェッカー

STD(性感染症)は特別な病気ではありません。
誰でもなる可能性がある病気です。

病院へ行く時間の無い方や、
人と対面して検査を受けるのに抵抗がある方などは、
「郵送検査」 という検査の受け方もあります。

自分で検査物を採取し、送っていただきます。
プライバシーを重視した匿名検査システムを採用。
検査は登録衛生検査所で実施し、
結果はインターネット上でご確認いただきます。

自分の健康、そして愛するパートナーのため。
検査を受けてみませんか。

自分でとって送るだけ30秒でわかるSTDチェッカー
30秒でわかるSTDチェッカー

検査しやすくなりました

クラミジアや淋菌はのどにも感染することをご存じですか?ガラガラうがいで咽頭(のど)検査

STDチェッカーで検査を受けられた方のご感想です

淋菌検査を含むタイプのご感想
※プライバシーに関わる内容は掲載しておりません
※直近の3ヵ月分を掲載しております

(全投稿数:4914件 最新更新日:2016年12月2日)

性病・エイズ・HIV・クラミジアの検査キット STDチェッカーTOPへ

尿道 (にょうどう)
尿を膀胱から体外に排出するための管。女性の尿道は、男性に比べて太く短い。男性の場合、陰茎を通り精管と合流するため、生殖器でもある。
尿道炎 (にょうどうえん)
尿道内にクラミジアや淋菌、その他の細菌などが侵入することにより発症する。尿道に炎症がおこり、赤くなったり、痛んだり、膿が出たりする。
精巣上体炎 (せいそうじょうたいえん)
精巣上体に細菌が侵入し、発熱・局所の肥大・痛みなどの症状がでる。大腸菌などの雑菌によって起きる場合と、性感染症としてクラミジア尿道炎などに合併して起きる場合がある。
前立腺炎 (ぜんりつせんえん)
前立腺の炎症。尿道から侵入した細菌が前立腺にも感染し、発熱とともに前立腺が大きく腫れ、排尿困難、残尿感、頻尿、排尿時痛などの症状が出る。急性型と慢性型に大別される。
精巣上体炎 (せいそうじょうたいえん)
精巣上体に細菌が侵入し、発熱・局所の肥大・痛みなどの症状がでる。大腸菌などの雑菌によって起きる場合と、性感染症としてクラミジア尿道炎などに合併して起きる場合がある。
陰嚢 (いんのう)
陰茎の付け根にあり、精巣(睾丸)および精巣上体(副睾丸)を入れている袋状のもの。
無精子症 (むせいししょう)
精液中に精子がまったく含まれていない状態。男性側の不妊の原因のひとつ。
子宮頸管 (しきゅうけいかん)
子宮の下部三分の一ほどの、円柱状になっている部分。女性性器の中でも感染を受けやすい部分。
子宮頸管炎 (しきゅうけいかんえん)
何らかの病原菌が、子宮頸管に感染して炎症をおこす病気。大腸菌、ブドウ球菌、淋菌、クラミジアなどの感染によって起こる。
腹腔 (ふくくう)
腹部の内腔で、横隔膜より下部を指す。肝臓・胃・腸・脾臓などが収容されているところ。
骨盤 (こつばん)
腰の部分にあり、左右一対の寛骨と、仙骨・尾骨で構成される骨。鉢状の大骨盤・円筒状の小骨盤に分かれ、小骨盤は子宮・卵巣・直腸・前立腺を保護する。女性の方が男性に比べて広く浅い。
尿道炎 (にょうどうえん)
尿道内にクラミジアや淋菌、その他の細菌などが侵入することにより発症する。尿道に炎症がおこり、赤くなったり、痛んだり、膿が出たりする。
卵管炎 (らんかんえん)
卵管の細菌感染などにより炎症を起こした状態。クラミジアや淋菌などの感染によって子宮頸管炎が起こり、感染が徐々に子宮の中に広がり、卵管まで炎症がおこるケースが多く、子宮卵管炎と呼ばれることもある。卵管は、卵巣から受精卵を子宮まで運ぶ通路の役割を担っているので、卵管炎を起こすと不妊の原因となりやすい。
骨盤腹膜炎 (こつばんふくまくえん)
何らかの病原菌に感染することにより、卵管や卵巣が炎症を起こし、骨盤内の子宮・卵巣・卵管などをおおっている骨盤腹膜にまで広がる炎症のこと。主な症状は、40度近い高熱、下腹部の激痛、吐き気、嘔吐、悪寒など。大腸菌、ブドウ球菌、淋菌、クラミジアなどの感染によって起こる。
子宮外妊娠 (しきゅうがいにんしん)
受精卵が、子宮の中以外の場所に着床して発育すること。最も多いのが卵管妊娠であり、クラミジアや淋菌、妊娠中絶などで、卵管やその周囲に炎症が起こることが原因となる。初期はふつうの妊娠と同じだが、ある時期になると、卵管の壁の破裂や、妊娠組織の卵管内からの流出により、激しい下腹痛とともに多量の出血が起こる。
不妊症 (ふにんしょう)
正常な性生活を継続しながら、一定期間を経過しても妊娠しない状態。男性側の原因としては、精子減少症・無精子症などがあり、女性側の原因としては、子宮筋腫・子宮内膜症などの子宮因子や、卵管の通過障害などの卵管因子、内分泌排卵因子などがある。
咽頭 (いんとう)
鼻と口の奥から食道・気管へとつながる部分。鼻側から、上咽頭・中咽頭・下咽頭の3つからなり、呼吸・嚥下(えんげ)・発声などの作用をする。
子宮頸管 (しきゅうけいかん)
子宮の下部三分の一ほどの、円柱状になっている部分。女性性器の中でも感染を受けやすい部分。
咽頭 (いんとう)
鼻と口の奥から食道・気管へとつながる部分。鼻側から、上咽頭・中咽頭・下咽頭の3つからなり、呼吸・嚥下(えんげ)・発声などの作用をする。

ページトップ