亀頭包皮炎

  • どんな病気?
  • どんな症状がでるの?
  • 対処法について

どんな病気? ―亀頭包皮炎の概要―

亀頭が赤くただれる

セックス、フェラチオやオナニーなどで、亀頭や包皮に小さな傷ができ、
そこから雑菌などが感染しておこる炎症です。
おもに包茎の人に多い病気です。

性感染により症状が出ることもある

女性から淋菌やカンジダが感染することによって、症状が出ることもあります。

どんな症状がでるの? ―亀頭包皮炎の症状―

男性の発症箇所

男性のペニス(亀頭や包皮など)に症状が見られます。

主な症状

  • ・赤くなる
  • ・ただれ
  • ・軽い痛み
  • ・かゆみ など

原因となる菌によって症状が変わります。

雑菌や淋菌の場合

亀頭部の冠状溝(俗称カリ)部分から包皮にかけての部分が
炎症を起こして赤くなり、黄色いうみが付着することもあります。

カンジダ菌の場合

カリから包皮にかけて赤くなり、
白いカスがたまってかゆみをともないます。

どんな対処法があるの? ―亀頭包皮炎の対処法―

治療について

軟膏やクリームを患部に塗ります。
原因が淋菌などでは抗生物質、カンジダ菌は抗真菌剤を使います。
患部を清潔にすることが必要ですが、石けんをつけて強く洗いすぎると症状を悪化させる場合があります。
受診科は泌尿器科になります。女性パートナーの受診科は婦人科(産婦人科)などです。

参考ページ : 性器カンジダ症

冠状溝 (かんじょうこう)
陰茎と亀頭の間にあるくびれた部分。俗称:カリ。
包皮 (ほうひ)
陰茎・陰核の亀頭部を覆う伸び縮みしやすい皮膚。男性の場合、亀頭以外の陰茎の皮膚は、陰茎内部の組織とくっついていないため、容易に前後に移動することができる。
カリ (かり)
陰茎と亀頭の間にあるくびれた部分の俗称。

ページトップ