軟性下疳(なんせいげかん)

  • どんな病気?
  • どうしてうつるの?
  • どんな症状がでるの?
  • 対処法について
  • 予防法について

どんな病気? ―軟性下疳の概要―

性器にコブができ、つぶれると強く痛みます

男女ともに、性器に豆粒くらいのコブができ、すぐにつぶれて痛みの強い潰瘍になります。

国内での感染はほとんどなく、海外での感染が時々あります

現在の患者の数はとても少なく、日本国内での感染はほとんどないと考えられています。
元々、東南アジア、アフリカ、南米地域に多く発生している病気で、海外で感染する場合がほとんどです。

HIV(エイズウイルス)感染との関係

アメリカでは感染者が増加しています。
軟性下疳の症状があると、HIV(エイズウイルス)に感染しやすくなるため、注意が必要なSTD(性病)と
されています。

どうしてうつるの? ―軟性下疳の感染について―

あらゆる性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)で感染します

  • ・「軟性下疳菌」が感染して起こる病気です。
  • ・症状の出ている箇所に接触することで感染が広がります。

どんな症状がでるの? ―軟性下疳の症状―

発症箇所(男女共通)

男性、女性、ともに同じような症状が出ます。

主な症状の出る場所

  • ・男性 亀頭やカリの周辺など
  • ・女性 外陰部など
  •  

主な症状

  • ・豆粒くらいのやわらかいコブができる
  • ・コブがつぶれて潰瘍になり、
    さわると強い痛みがある
  • ・太もも付け根のリンパ節の
    大きなはれと強い痛み
口腔への感染

口腔への感染の可能性が考えられています。
口の中に、軟性下疳菌による小さな潰瘍ができるといわれています。

どんな対処法があるの? ―軟性下疳の対処法―

対処の方法について
病院へ行く
病院へ

明らかに症状が出ている場合は病院へ!

明らかに自覚症状がある場合は、医療機関で早期診断を行うことを
おすすめします。
簡単に他人へ感染するので、速やかに対応しましょう。

検査について
  • 特徴があるため、患部の視診、触診のみでも診断は可能です。
症状がでるまでと検査のタイミング
性行為などにより感染した日

発症まで2日〜1週間

症状が出る

症状があれば検査可能です

検査できます
病院を受診する場合

コブのような症状や強い痛みを自覚したら、医療機関で早期診断を行う ことをおすすめします。

受診科
  • 男性
  • 泌尿器科、性病科、皮膚科
  • 女性
  • 婦人科(産婦人科)、性病科、皮膚科
  • 口腔感染
  • 耳鼻咽喉科
治療費用は?
  • 診察料
  • 3,000〜5,000円
  • 薬代
  • 別途かかります
上記は、保険適用でない場合のおよその金額です。保険適用の場合は上記金額の3割負担となります。保険適用されるか否かについては、病院の治療方針などによって、様々です。
治療について

1日〜7日間、治療薬を服用または筋肉注射します。潰瘍面には軟膏を塗ります。

治療の流れ
感染していると診断された
1日〜1週間薬を服用

・マクロライド系(ジスロマック、エリスロシン)
・ニューキノロン系(シプロサキシン)
・セフェム系(ロセフィン)
などを服用または筋肉注射します。
潰瘍面には軟膏を塗布します。

症状が無くなった

治療が有効な場合、1週間以内にかなり改善します。
症状が改善しない場合、薬の変更もあります。
症状がなくなれば治ったことになります。

どんな予防法があるの? ―軟性下疳の予防法―

コンドームは?

感染予防にコンドームの使用は有効です。

コンドームのページ

パートナーの検査の必要性は?

軟性下疳は潜伏期間が短く、激痛をともなうため、
多くのパートナーへ感染させる可能性は少ないと考えられています。
数日間様子を見て、パートナーに症状が出なければ、感染はしていないと考えられています。
潰瘍 (かいよう)
皮膚・粘膜などの表面が炎症をおこして崩れ落ち、内部の組織まで傷が及ぶこと。
潰瘍 (かいよう)
皮膚・粘膜などの表面が炎症をおこして崩れ落ち、内部の組織まで傷が及ぶこと。
潰瘍 (かいよう)
皮膚・粘膜などの表面が炎症をおこして崩れ落ち、内部の組織まで傷が及ぶこと。

ページトップ