成人T細胞白血病

  • どんな病気?
  • どうしてうつるの?
  • どんな症状がでるの?
  • 対処法について
  • 予防法について

どんな病気? ―成人T細胞白血病の概要―

ウイルスを持っている人(キャリア)は82万人!

この病気は、ヒトT細胞白血病ウイルスT型(HTLV-T)の感染により起こります。
日本のキャリア(持続感染者)は、最新のデータでは最大82万人と推計されています。「母子感染」への対策が進み、感染者数は減少してきていますが、今後は「性行為による感染」への対策が必要と言われています。

発症者のほとんどが40歳以上

感染しても症状が出る人のほとんどが40歳以上で、60〜70歳に最も多く出ます。
よって、病名に「成人」とつきます。

性行為では男性から女性への感染のみ

母子間の母乳を通しての感染、性行為による感染、輸血による感染があります。
性行為による感染は、精液中のHTLV-Tが原因となって感染しますが、ほとんど症状は出ません。
輸血感染は献血時のチェック検査の導入により、現在ではなくなったと考えられます。

どうしてうつるの? ―成人T細胞白血病の感染について―

母子感染

・幼少時に母乳を通して母親から感染した場合のみ症状が出る、と言われています。
・感染して症状が出るまで30〜70年で、可能性は5%ほどと言われています。
・現在は、妊婦検診を受けていれば、母子感染を防ぐことができます。

性行為による感染

  • ・性行為による感染は精液中のHTLV-Tが原因となり感染しますが、ほとんど症状は出ません。
  • ・夫婦間の感染では、男性がキャリアで女性がそうでない場合、
    結婚後約2年で20%程度の女性に感染するとの報告があります。

輸血による感染

・現在は献血時の検査の実施により、輸血での感染はなくなったと考えられます。

どんな症状がでるの? ―成人T細胞白血病の症状―

発症箇所(男女共通)

男性、女性、ともに同じような症状が出ます。

主な症状の出る場所

  • ・リンパ節のはれ
    (首、わきの下、足のつけ根など)
  • ・肝臓のはれ、脾臓のはれ
  • ・原因不明の皮疹
  • ・血液中のカルシウム値の上昇による、
    のどの渇き、意識障害、不整脈 など

ウイルス(HTLV-T)に感染して悪性化したT細胞(リンパ球の一種)が、血液やリンパ液によって、 骨髄肝臓脾臓消化管など 全身の臓器に広がっていきます。
末期には免疫不全者に見られる日和見(ひよりみ)感染症にかかりやすくなります。

どんな対処法があるの? ―成人T細胞白血病の対処法―

対処の方法について
病院へ行く
病院へ

明らかに症状が出ている場合は病院へ!

明らかに自覚症状がある場合は、医療機関で早期診断を行うことを
おすすめします。

検査について
  • 血液検査でHTLV-Tを調べます。
症状がでるまでと検査のタイミング
性行為などにより感染した日

30〜70年
※出ない場合も多い

症状が出る
検査できません

※検査可能日は、症状が出てからが現実的なので、人によりさまざまです。妊婦に対する検査は実施されています。
ウイルスを持っている妊婦には、人口乳での保育がすすめられています。

検査できます
病院を受診する場合

自覚症状を感じたら医療機関で早期診断を行うことをおすすめします。

受診科
  • 男性
  • 内科(血液内科)
  • 女性
  • 内科(血液内科)、産婦人科
治療費用は?
  • 診察料
  • 3,000〜5,000円
  • 検査代
  • 4,000円〜
  • 薬代
  • 別途かかります
上記は、保険適用でない場合のおよその金額です。保険適用の場合は上記金額の3割負担となります。保険適用されるか否かについては、病院の治療方針などによって、様々です。
治療について

症状のタイプにより、治療せずに経過観察、抗がん剤による治療、骨髄移植などがあります。

治療の流れ
感染していると診断された
個々の状態に合わせて治療法を決定する

症状によってさまざまなので、
治療方法や治療期間は特定できません。

検査数値の改善 悪性細胞の減少

最終的に完全に治る確率は少ない。

どんな予防法があるの? ―成人T細胞白血病の予防法―

コンドームは?

性行為による感染予防には有効です。
出産前の女性が未感染(キャリアでない)の場合は、
性行為による感染を予防することが大切です。

コンドームのページ

母子感染を防ぐために

母乳による感染が多いため、
ウイルスを持っている人(キャリア)は人工乳での保育がすすめられています。妊娠中に、必ず妊婦検診を受けるようにして下さい。

骨髄 (こつずい)
骨の中の海綿状の空間。骨髄は血液細胞の製造工場のようなところであり、ここにある一連の細胞群が分裂増殖して、血液細胞、すなわち赤血球・白血球・血小板になっていく。
肝臓 (かんぞう)
右上腹部にある暗赤色の内臓器官。人体で最大の臓器であり、胆汁の生成、糖・たんぱく質・脂質・ホルモンの代謝、有害物質の解毒、血液の貯蔵などの働きをする。内部環境の維持に大きな役割を果たしている。
脾臓 (ひぞう)
左上腹部、胃の外側から裏側にあるリンパ系の臓器。リンパ球の生成による免疫機能や、血液の貯蔵、古くなった赤血球の破壊などの働きがある。
消化管 (しょうかかん)
摂取した食物を消化し、栄養素を吸収、排泄まで行なう器官。口腔→咽頭→食道→胃→小腸→大腸→肛門となる。
肺 (はい)
胸部にある一対の臓器で、空気呼吸を行うための器官。内部は、無数の肺胞となっており、肺胞を取り囲む毛細血管との間で吸気からの酸素と二酸化炭素のガス交換が行われる。
日和見感染症 (ひよりみかんせんしょう)
抵抗力が弱まったため、普通は病原性を示さない菌による感染が起こること。

ページトップ