外陰炎

  • どんな病気?
  • どんな症状がでるの?
  • 対処法について

どんな病気? ―外陰炎の概要―

外陰部の炎症のことです

外陰部のかゆみ、腫れ、痛みなどの症状で、腟炎と合併しておきることが多いのが特徴です。

清潔にすることを心がけましょう

清潔を保つことが一番の予防法です。
セックスが原因で感染した場合は、再発防止のためにパートナーの治療も必要です。

どんな症状がでるの? ―外陰炎の症状―

女性の発症箇所

女性の外陰部
大陰唇小陰唇クリトリス腟前庭処女膜など)
に症状が見られます。

主な症状

  • ・かゆみ
  • ・腫れ
  • ・痛み など

原因としては以下のようなものが考えられます。
これらの傷やかぶれなどに微生物が感染して炎症を起こします。

外陰部の不衛生な状態

・通気性の悪い下着
・月経時の血液の付着
・腟炎によるおりものの付着 など

外陰部にできた傷やかぶれ

・生理用品や下着による摩擦
・セックスやマスターベーションによる傷
・刺激の強い洗浄剤の使用 など

また、腟炎と合併して起こることが多いのが特徴です。
(腟炎によるおりものの増加が、外陰炎の原因となります。)

(参考)腟炎について
腟炎の主な症状

  • ・かゆみ
  • ・おりものの増加
  • ・性交痛
  • ・出血 など

腟炎の原因

  • ・大腸菌、ブドウ球菌、淋菌、カンジダ、
    トリコモナス など
  • (タンポンや避妊具の出し忘れが
    原因になることもあります。)

どんな対処法があるの? ―外陰炎の対処法―

治療について

受診科は婦人科(産婦人科)、性病科です。
患部を見て、炎症の原因を判定します。
感染症の場合は、検査で原因菌の特定を行い、それに対する薬の塗布や服用を行います。
おりものの症状がある場合には、その原因となる腟炎の治療も同時に行います。

(参考ページ)
性器カンジダ症 ・ 腟トリコモナス症 ・ 淋菌感染症 ・ 性器クラミジア感染症 ・ 細菌性腟症

大陰唇 (だいいんしん)
女性の外陰部にある、脂肪組織を多く含む左右一対のヒダ。内部にある生殖器と尿道口を保護する役割を持つ。
小陰唇 (しょういんしん)
女性器の一部で、陰核から腟口まで伸びる左右対称のヒダ状の薄い肉びら。平常時は、左右の小陰唇が閉じて尿道口や腟を守っている。
クリトリス (くりとりす)
女性の外陰部、小陰唇の前部にある小突起。
腟前庭 (ちつぜんてい)
陰核から腟口までの小陰唇に囲まれた部分。陰核側から尿道口、腟口があり、腟口の周囲に前庭腺(バルトリン腺)がある。血管と神経を多く含み、刺激・興奮により充血する。
処女膜 (しょじょまく)
腟口のすぐ内側にあるフリルのような粘膜のひだのこと。

ページトップ