伝染性単核球症(キス病)

  • どんな病気?
  • どうしてうつるの?
  • どんな症状がでるの?
  • 対処法について
  • 予防法について

どんな病気? ―伝染性単核球症(キス病)の概要―

キスで感染する?

ヘルペスウイルスの仲間である、EBウイルスの感染で起こる病気です。
キスによる感染が多いので、アメリカでは「キス病」と言われています。
(キスや飲み物の回し飲みなど、口からの感染が多い)
※伝染性単核球症のうち、EBウイルスによるものをキス病と言います。

米国と日本の違い

アメリカでは幼児期の感染率は20%と低く、青年期で感染するケースが多くなります。
アメリカの大学生の感染は、年間で10万人当たり1万2000人と言われています。
日本では2〜3歳までに70%が感染し、20歳代で90%以上が抗体を持っていると言われてます。
小児期に感染すると症状はほとんど出ないまま、抗体ができます。

知らない間にかかって治ります

思春期以降に感染すると約50%が発病します。ただし、感染してもほとんどが数週間で自然に治ります。

どうしてうつるの? ―伝染性単核球症(キス病)の感染について―

唾液による口からの感染

  • ・EBウイルスは、感染者の睡液の中にいます。
  • ・キスや飲み物の回し飲みなど、口経由で感染します。
  • ・感染者の約15〜20%は、無症状の状態でウイルスを持っています。

どんな症状がでるの? ―伝染性単核球症(キス病)の症状―

発症箇所(男女共通)

男性、女性、ともに同じような症状が出ます。

主な症状

  • ・倦怠感(だるさ)
  • ・38度以上の発熱
  • ・のどの痛み
  • ・首のリンパ節のはれ
  • ・湿疹が出る
  • ・肝臓や脾臓の拡大、肝機能異常 など

日本では小児期に感染している人が多く、
症状のないまま抗体ができていることが大半です。
再感染はしませんが、ヘルペスと同じように免疫力が低下した場合、
発病することもあります。

思春期以降に感染した場合、約50%が発病しますが、
約4〜6週間で症状は自然になくなると言われています。
6ヵ月以上症状が続く場合は重症化している可能性があり、
注意が必要です。

どんな対処法があるの? ―伝染性単核球症(キス病)の対処法―

対処の方法について
病院へ行く
病院へ

明らかに症状が出ている場合は病院へ!

明らかに自覚症状がある場合は、医療機関で早期診断を行うことを
おすすめします。

検査について
  • 肝臓・脾臓の触診、肝機能検査、EBウイルス抗体検査などで総合判断します。
症状がでるまでと検査のタイミング
性行為などにより感染した日

約4〜6週間
※出ない場合もある

症状が出る
検査できません
検査できます

※症状が出てからが現実的です。

病院を受診する場合

自覚症状を感じたら医療機関で早期診断を行うことをおすすめします。

受診科
  • 男性・女性
  • 内科
治療費用は?
  • 診察料
  • 3,000〜5,000円
  • 検査代
  • 4,000円〜
  • 薬代
  • 別途かかります
上記は、保険適用でない場合のおよその金額です。保険適用の場合は上記金額の3割負担となります。保険適用されるか否かについては、病院の治療方針などによって、様々です。
治療について

治療薬はなく、安静にして経過を観察することが必要です。
重症の場合は、ウイルスに対する薬を使用した治療法が考えられます。

治療の流れ
感染していると診断された
安静にして経過を観察

安静にしていれば、ほとんどが
約4〜6週間で自然に治ります。

治療終了

複数の検査を行い、治ったことを確認します。

複数の種類の検査を行い、治ったことを確認します。
治った後も2ヵ月ほどは、おなかに圧力や衝撃がかかる運動などは避けるようにします。

どんな予防法があるの? ―伝染性単核球症(キス病)の予防法―

コンドームは?

唾液による感染ですので、コンドームは役に立ちません。

パートナーの検査の必要性は?

成人のほとんどが感染経験者のため、必要性はないと考えられます。

抗体 (こうたい)
体内に異物(ウイルス・細菌・毒素などの抗原)が入り込んだとき、それらに対応して生成され、その抗原に対してのみ反応するたんぱく質のこと。

ページトップ