サイトメガロウイルス感染症

  • どんな病気?
  • どうしてうつるの?
  • どんな症状がでるの?
  • 対処法について
  • 予防法について

どんな病気? ―サイトメガロウイルス感染症の概要―

聞きなれない名前のウイルス

聞きなれない名前のウイルスですが、ヘルペスウイルスの仲間で、症状が出ることは少ないです。
ただし、免疫力が低下するとさまざまな症状を起こします。

成人になると大多数の人が感染経験あり

日本人の場合、乳幼児期の感染率が高く、大多数の人が抗体を持っていて再感染することはありません。
しかし、ヘルペスのように再発することはあります。

健康な人は感染しても症状が出にくい

乳幼児期に感染していない人で、性的に活発な若い成人層に感染が多いとされていますが、
感染してもほとんど症状は出ません。
ただ、妊娠中に初めて感染しないように注意してください。

どうしてうつるの? ―サイトメガロウイルス感染症の感染について―

先天性感染

胎内感染です。
妊娠中に母親が初めて感染して、それが胎盤を通して胎児に感染した場合に、
出産時に異常がある場合が1割程度あります。

後天性感染

サイトメガロウイルスは、感染者の体液(唾液、涙、母乳、尿、便、血液、腟液、精液など)に周期的に排出され、
これらの体液との密接な接触により感染します。 乳幼児期などに一度感染していれば再感染しません。

一度感染すると再感染はしませんが、体内にウイルスが存在するため免疫力が低下すると症状が出ることがあります。

どんな症状がでるの? ―サイトメガロウイルス感染症の症状―

発症箇所(男女共通)

男性、女性、ともに同じような症状が出ます。

主な症状

  • ・伝染性単核球症
  • サイトメガロウイルスが原因で伝染性単核球症を引き起こす場合もあります。(伝染性単核球症参照

  • ・倦怠感(だるさ)
  • ・発熱
  • ・のどの痛み
  • ・首のリンパ節のはれ
  • ・湿疹が出る
  • ・肝臓や脾臓の拡大、肝機能異常など

免疫力が低下すると肺炎網膜炎胃腸炎脳炎などの症状が出ることもあります。免疫不全の人(血液透析者、がん患者、免疫抑制剤使用者、HIV感染者など)が発症すると症状が重くなり、死に至ることもあります。

どんな対処法があるの? ―サイトメガロウイルス感染症の対処法―

対処の方法について
病院へ行く
病院へ

明らかに症状が出ている場合は病院へ!

明らかに自覚症状がある場合は、医療機関で早期診断を行うことを
おすすめします。

検査について
  • 血液検査でサイトメガロウイルスを調べます。
症状がでるまでと検査のタイミング
性行為などにより感染した日

20〜60日
※出ない場合もある

症状が出る
検査できません

※症状が出てからが現実的です。
ただし、妊婦や免疫不全者は、
事前に検査して抗体の有無を確認
しておくことが重要です。

検査できます
病院を受診する場合

自覚症状を感じたら医療機関で早期診断を行うことをおすすめします。

受診科
  • 男性
  • 内科
  • 女性
  • 内科、産婦人科
治療費用は?
  • 診察料
  • 3,000〜5,000円
  • 検査代
  • 4,000円〜
  • 薬代
  • 別途かかります
上記は、保険適用でない場合のおよその金額です。保険適用の場合は上記金額の3割負担となります。保険適用されるか否かについては、病院の治療方針などによって、様々です。
治療について

特別な治療はなく、安静が必要とされています。
免疫不全患者の網膜炎や肺炎などの治療では抗ウイルス剤を使用します。

治療の流れ
感染していると診断された
安静にして経過を観察

安静にしていれば、ほとんどが
約4〜6週間で自然に治ります。

治療終了

サイトメガロウイルスは体内に一生残ります。

サイトメガロウイルスによる伝染性単核球症の場合は、ほとんどが自然に治ります。
しかし、ウイルスは消滅せずに一生体内に残ります。
免疫力が落ちないように、健康的な生活を心がけることが大切だと言えます。

どんな予防法があるの? ―サイトメガロウイルス感染症の予防法―

コンドームは?

さまざまな体液による感染ですので、コンドームの有効性は低いです。
体液のついた手を石鹸と水でよく洗うことも重要です。

パートナーの検査の必要性は?

伝染性単核球症のような症状があり、原因が特定できない場合は検査が必要です。

胎盤 (たいばん)
妊娠の際、母体の子宮の内壁と胎児の臍帯の間にできる円盤状の器官。海綿状の組織で、母体から胎児へ酸素や栄養を送り、老廃物や二酸化炭素を送り返す機能を持つ。
肺炎 (はいえん)
肺の炎症性疾患の総称。肺炎は細菌やウイルスなどの感染が原因で起こるのが通常であるが、放射線療法やアレルギー、吸引された物質による肺組織への刺激などが原因となることもある。主な症状として、発熱、咳、痰、呼吸困難が挙げられる。
網膜炎 (もうまくえん)
網膜の炎症の総称。網膜に出血、混濁などを生じ、視力障害があらわれる。腎炎性網膜炎、糖尿病性網膜炎のような全身性の疾患と併発するもののほか、サイトメガロウイルス網膜炎のようなウイルス感染によるものなどがある。
胃腸炎 (いちょうえん)
感染症や化学物質の摂取などにより胃腸が炎症を起こし、下痢・腹痛・悪心・嘔吐・発熱などの症状を呈する病気の総称。
脳炎 (のうえん)
脳の炎症性疾患の総称。高熱、意識障害、痙攣などの症状をともない、麻痺などの後遺症が残る場合もある。代表的なものには、ウイルスの感染による日本脳炎や、ヘルペス・風疹(ふうしん)などのあとにおこる脳炎などがある。

ページトップ