まずどの検査が受けられる?検査ができる時期についてご案内 最近不安なことがあった方へ

最近のSTD(性病)は、症状が出ていなくても感染していれば、他人にうつしてしまったり、体をむしばんでいくものが増えています。
不安に感じたら検査が大切。どのような病気でも、早く対処することが重要です。

ただし、それぞれのSTD(性病)には、検査可能な時期があります。
尿や腟分泌液などで調べる検査は、感染の可能性があってから2~3日たっていれば検査できます。

まず、最初に検査ができるもの

尿や腟分泌液、うがい液で調べる検査項目をセットしたタイプです。

特に最近はオーラルセックスが一般的になっていますので、咽頭(のど)の検査も大切です。

TYPE P(男性用)

男性用 2位 うがい検査
STDチェッカー タイプP(男性用)

【男性用】 感染の機会から2~3日たっていれば検査できます。尿とうがい液でクラミジアと淋菌を検査します。

尿
クラミジア、淋菌
のど
クラミジア(のど)、淋菌(のど)

9,936円 (税込)

この商品を詳しく見る

TYPE P(女性用)

女性用 4位 うがい検査
STDチェッカー タイプP(女性用)

【女性用】 感染の機会から2~3日たっていれば検査できます。腟分泌液とうがい液でクラミジアと淋菌を検査します。

ちつ
クラミジア、淋菌
のど
クラミジア(のど)、淋菌(のど)

9,936円 (税込)

この商品を詳しく見る

↓

少したってから、検査ができるもの

血液で調べる検査項目をセットしたタイプです。

血液を調べる検査の場合、感染の可能性のあった日から「一定の期間」が経過してからでないと、
検査ができません。この「一定の期間」は、病院や保健所の検査でも同じです。

TYPE J(男女共通)

共通用 1位
STDチェッカー タイプJ(男女共通)

【男女共通】 とにかく気になるのはHIV/エイズ検査という方へ。感染の機会から3ヵ月経過してから受けて下さい。
 

血液
HIV(エイズ)

4,968円 (税込)

この商品を詳しく見る

TYPE O(男女共通)

共通用 3位
STDチェッカー タイプO(男女共通)

【男女共通】 血液検査をまとめたセット。まずは上記のタイプP(男性用)・P(女性用)で検査し、感染の機会から3ヵ月経過してからこのタイプで検査するという形がおすすめです。

血液
HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎

8,370円 (税込)

この商品を詳しく見る

<よくあるご質問> 血液の検査は、どうしてすぐにできないのですか?
たとえばHIV(エイズ)に感染した場合、血液中にHIV抗体ができるのに4~8週間かかると言われています。
よって、確実に「陰性(-):感染していないこと」を確認したい場合は、もう少し余裕をみて3ヵ月以上経過してから
検査を受けることがすすめられています。

/shopping/uneasiness.php
最近不安な事があった方へ|性病検査STDチェッカー
最近不安な事があった方へ|性病検査STDチェッカー<STD研究所>
最近不安なことがあった方へ。それぞれのSTD(性病・性感染症)には、検査可能な時期がありますので、時期に応じて適したタイプをご案内いたします。